...

当院について

ごあいさつ

こんにちは。生まれ育った三河の地で「愛知動物外科病院」を開業させていただきました。

 

当院は、動物外科病院と馴染みの薄い名前を標榜しています。一般的な動物病院と異なり、骨折やヘルニアなどをはじめとした手術を中心とした治療を専門的に行っていく病院となります。

 

近年、動物医療の発展に伴い、一人の獣医師が全分野において貢献するには限界が生じてきており、各分野の専門家(スペシャリスト)が少しずつですが増えてきています。しかし、こうした時代の流れはいい面もありますが、動物の全体を診ることができなくなる畏れもあります。

私は大学時代に外科医になることを志しました。学生時代から外科だけでなく各分野との関連を理解する必要性を感じ、獣医学部卒業後、まずジェネラルな病院、そして大学病院内科で研修を受け基礎を構築しました。その後、母校の大学病院で腫瘍・軟部外科の研修医、助手を経て、整形神経専門病院で勤務医として外科の研修を受け、日本獣医麻酔外科学会の小動物外科専門レジデント課程を修了しました。これまで経験し習得してきたゴールドスタンダードな外科の技術、思考をこの地で還元したいと思います。

 

現代では、言葉を話せない動物はペットではなく、家族の一員、もしくはそれ以上の存在として迎え入れられております。そんな存在の動物たちを病気や怪我の苦痛から開放させてあげることを我々の任務と考え、診察を行っていきます。何がその子達にとって一番いい選択になるのか、飼い主様には分かりやすい説明を大切にし、共に考え、納得していただいた上で治療を行っていきたいと思います。些細なことでかまいません、ご相談いただければと思います。

 

また当院は二次病院としての役割も担っていきます。紹介いただいた場合は、かかりつけ医様と連携を取り、飼い主様、かかりつけ医様、当院の三者で大切な家族の治療にあたっていきたいと考えております。繰り返しになりますが、かかりつけ医様を通してでも、飼い主様から直接でも、ご気軽に相談いただければと思います。

獣医師紹介

院長 丹羽 昭博 NIWA Akihiro

経歴

酪農学園大学 獣医学部 獣医学科 卒業

2011年ファミリーアニマルホスピタル高橋動物病院 勤務医
2013年東京大学附属動物医療センター 内科系研修医
2015年酪農学園大学附属動物医療センター 腫瘍・軟部外科研修医
2017年酪農学園大学附属動物医療センター 腫瘍・軟部外科嘱託助手
2019年北海道動物運動器病院 勤務医
2021年愛知動物外科病院 開院
所属学会
日本獣医麻酔外科学会外科専門医レジデント研修課程修了
日本獣医がん学会腫瘍Ⅱ種認定医
研究発表・講演
2015小動物臨床血液研究会 顕微鏡ディスカッション 一般演題 シスメック賞受賞
2015日本獣医がん学会 一般演題
2015北海道三学会 一般演題
2015秋季獣医麻酔外科学会 一般演題 優秀賞受賞
2016春季獣医麻酔外科学会 レジデントフォーラム
2016北海道三学会 一般演題
2016秋季獣医麻酔外科学会 一般演題
2017春季獣医麻酔外科学会 レジデントフォーラム
2017JBVP 酪農大におけるトセラニブの現状を講演
2017秋季麻酔外科学会 若手獣医師によるベーシックセミナー
2018春季獣医麻酔外科学会 レジデントフォーラム
2018秋季麻酔外科学会 若手獣医師によるベーシックセミナー
執筆
2015 獣医がん学会雑誌 JONCOL ファームプレス
2018 VETERINARY ONCOLOGY no.17 Inter zoo
2018 VETERINARY ONCOLOGY no.19 Inter zoo
2018 VETERINARY ONCOLOGY no.20 Inter zoo
2019 VETERINARY ONCOLOGY no.21 Inter zoo
2019 VETERINARY ONCOLOGY no.22 Inter zoo
2020 犬の治療指針2020 EDUWARD press
2020 猫の治療指針 2020 EDUWARD press
2020 日本獣医麻酔外科学雑誌 優秀論文賞 「広範囲に変性した食道に対してネラトンカテーテルを型に管腔を再建した猫の1例」

症例紹介

膝蓋骨内方脱臼

膝蓋骨内方脱臼は、どのワンちゃんたちでも認められるが小型犬で多く発生する病態である。膝蓋骨いわゆる「お皿」が、大腿骨滑車から内側に脱臼してしまう。幼少期から認められる場合も多く、この場合は成長段階において、大腿骨や脛骨の変形を起こしてしまう。また外傷性に発生した場合は、発生時には強い疼痛が伴う。どの状況であれ、放置すると軟骨の損傷が生じ、また変形性関節症を引き起こし慢性的な疼痛が生じてしまう。それだけでなく、前十字靭帯断裂のリスクも高めてしまうことから、早急に対処が必要になってくる。 グレード評価(1〜4)が可能であり、手術適応の判定や予後に関して予測ができる。できるだけグレードの低い段階で対処していくべき病態である。

骨折の治療目的は、適切な整復固定により骨折の治癒促進がなされること、周囲の軟部組織や骨自体の治癒により疼痛が消失すること、見た目の改善となります。そのためには骨癒合までの間、動きに耐えて初期固定を維持できる安定した固定法が求められます。原理原則に従いロッキング・プレートなどの固定法を導入して、良好な骨癒合を目指します。

椎間板ヘルニアとは、椎体と椎体の間にあるクッションである椎間板が、破裂し中身の椎間板物質の逸脱や、椎間板の突出により脊柱管内の脊髄が圧迫され神経傷害を起こす緊急性のある疾患です。歩けなくなり、さらに深部の痛覚を失ってしまうと回復率が下がります。早期の治療が大切になります。

肝臓腫瘍は、大きさが全てではなく、門脈-動脈-胆管の走行、静脈の走行と位置関係が把握できれば手術にて摘出することも可能です。この走行を認識するには造影CT検査が必要となりますが、これにより血管の走行や腫瘍との関係性も判断できるため綿密な手術計画が立てられ、できるだけ安全な手術ができるようになります。難しいと避けられがちな肝臓の手術ですが当院では、大学病院での多くのCT読影、手術、経験を生かし、出来る限り安全な、時に必要ならば積極性のある手術が実施可能です。セカンドオピニオンにも対応いたしますので、お問い合わせください。

胆嚢内にムチンを主成分とする濃縮した胆汁が蓄積する特異な疾患であり、犬においてしばしばみられる。無症状で進行し、末期で胆汁性腹膜炎や総胆管閉塞を起こすと強い症状を呈する進行性の疾患とされる。症状が出現している場合はすでに末期の状態と考えられます。外科的に胆嚢を摘出し総胆管の開通を改善させ、併発する胆管肝炎の治療も期待できます。

動物の寿命が伸びていることで、死因として増加しているのは腫瘍疾患です。腫瘍と一言で示していますが種類によって良性もあれば悪性もありますし、その中でも多様な挙動をとります。手術だけでなく、抗がん剤、放射線療法(他施設)、分子標的薬療法を用い、その子その子にとって最良と考えられる治療は何なのか、飼い主様とともに考え、実施していきます。

膝関節内の前十字靭帯が、外傷または変性により損傷してしまう病態を示します。脛骨の前方変位や内旋の制御ができなくなり疼痛を示します。現在は小型犬から大型犬までTPLO(Tibial Plateau Leveling Osteotomy)という前方への変位を制御することで疼痛を抑えることができ、術後合併症も少ない安定性が高い術式を採用しております。

食道内は内視鏡によって摘出を試みますが、穿孔がある場合などは早急な外科的処置が必要です。また食道内にあっても胃に押し込んで胃切開を必要とする場合もあります。胃内異物は胃炎や幽門の通過障害などを引き起こし、胃を越えて小腸で閉塞を起こすこともあります。紐状の異物の場合は、腸管が広範囲に損傷してしまう場合もあります。いずれにしても犬や猫で生じ、早急な対応が必要となります。

主にシュウ酸カルシウム結石が尿管を閉塞させ、腎後性に腎機能不全を生じさせます。治療が遅れてしまえば死に至る病気です。腎臓は2つあり一方だけの障害の場合は、軽微な症状で気づけないことがあります。もう1方の腎臓も機能障害を生じてしまう場合は重篤な状態となります。早期に状態を安定化させ閉塞を解除する外科的処置が必要となります。

肛門周囲の筋肉が萎縮してしまい、腹腔内臓器が肛門周囲の領域に出てくる病気です。排便障害が生じ、慢性化すると、外科的整復後、直腸脱を起こすこともあります。会陰ヘルニアの原因には性ホルモンの関与が主に考えられており、未去勢のオスで発生が多い疾患です。人工材料に頼らない術式で実施します。

小型犬に多く発生する病態で、関節軟骨の磨耗に伴う変形性膝関節症や前十字靭帯断裂を引き起こす可能性のある疾患です。グレードは1から4までありますが、軽度であっても瞬時の脱臼により周囲組織の強い浮腫や強い痛みを呈している場合も少なくありません。屈伸運動を主体としたリハビリテーション期間の後に必要により手術を実施しています。

門脈という肝臓に入る血管が異常な血管(シャント血管)によって肝臓へ戻らず別の心臓に戻る静脈系の血管に血液を回してしまう病態である。本来は肝臓で解毒されなければならないアンモニアなどの有害物質がシャント血管を通って全身に回ってしまい、発作などの症状がみられます。先天性の場合は若齢のヨークシャテリアなどに多く発症します。発育が悪く体が小さいことが特徴です。後天性の場合は、肝線維症など肝硬変状態となることで発生します。症状はまったくないものから、発作がみられるものまで様々です。診断は血液検査やCT検査で診断します。治療は先天性であれば手術でシャント血管の閉鎖を目指します。結紮後発作など術後の合併症については注意が必要です。